190_hanayo.jpg

☆レギュラー出演

RBCiラジオ
「狩俣倫太郎・木村花代 We love musical!」

2017年1月14日〜3月25日
毎週土曜 17:15〜17:29
(全11回)
1月=14日,21日,28日
2月=4日,11日,18日,25日
3月=4日,11日,18日,25日
詳細→
"radiko"アプリでも聴けます!

☆出演情報

ミュージカル「メリー・ポピンズ」

2018年3月〜
東急シアターオーブ
2018年5月〜
梅田芸術劇場 メインホール
詳細→


Tiptapオリジナルミュージカル「Play a Life」
2018年1月6日・7日
青森公演
詳細→


Birthday Live 2017 〜For Good〜

【大阪】
Birthday Live 2017 〜For Good〜 in OSAKA

2017年11月23日(祝・木)
Open13:00/Start13:30
Open18:00/Start18:30
会場 :Soap opera classics-Umeda-

【東京】
Birthday Live 2017 〜For Good〜 in TOKYO

2017年11月26日(日)
Open12:00/Start13:30
Open17:30/Start19:00
会場:目黒Blues Alley Japan
詳細→

ミュージカル「ミルコとカギロイの森」

2017年11月16日〜19日
東京芸術劇場シアターウエスト
詳細→


〜Off-Broadway MUSICAL〜「I LOVE YOU,YOU'RE PERFECT,NOW CHANGE」
2017年10月21日〜29日
日暮里d-倉庫
詳細→


links

search this site.

mobile

qrcode

others

素敵なお知らせ♪

ひめゆりが終わり、星の王子様のお稽古が始まるまでのんびり過ごしています♪



そんな中、素敵なお知らせが2つ程あります♪

トドーン!
〜Off-Broadway MUSICAL 〜
『I LOVE YOU,YOU’RE PERFECT,NOW CHANGE』
第一弾キャスト決定!


こちらは初演を観てめちゃめちゃ面白かったので即決いたしました!(笑)
敬愛する藤倉嬢のラブコメ演出♪
楽しみです♪

出演:
阿部裕・木村花代・荒田至法・安達星来・水野貴以・伊藤広祥・今井瑞・池田海人

太古の昔、神が人類を創造した日より、我々は女と男の問題に悩んできた
失っては求め、手に入れては失う「愛」
そこに潜む真実や神秘、恋に悩む女と男を6人の俳優が入れ替わり立ちかわり演じ分け、ユーモアたっぷりに描いていく
オフブロードウェイで歴代2番目の上演回数を記録したヒットミュージカルをこの秋Scoreが再演
演出に藤倉梓を迎え、実力派俳優陣でお送りする、愛に迷ったすべての人に贈るラブコメディー
続報と共に、どうぞご期待ください

脚本/作詞:Joe Dipietro
作曲:Jimmy Roberts
演出:藤倉梓

公演日程:
2017年10月21日(土)〜29日(日)
劇場:日暮里d-倉庫
企画・製作:Score

もう1つは
ドドーン!

ミュージカル「ミルコとカギロイの森」

元四季仲間の横山君のオリジナル作品
元気いっぱいの子供達とお届けします♪
また宝物が出来ちゃうな♪

【脚本・演出】横山清崇
【出演者】
木村花代
角川裕明
大口朋子 斉藤美絵子 青木結矢

【日程】
2017年11月16日(木)〜19日(日)
11月16日(木)    18:30
11月17日(金)14:30/18:30
11月18日(土)14:00/18:00
11月19日(日)12:00/16:00
※開場 各開演時間の30分前 
【会場】
東京芸術劇場シアターウエスト
(〒171-0021 東京都豊島区西池袋1-8-1)
【チケット代】
SS席8,000円 S席7,000円 A席5,500円
※当日券は500円増しとなります。
※3歳以上のお子さまはチケットが必要です。
【一般発売】2017年9月予定

【公式HP】https://www.mirkokagiroi-musical.com/
【主催】青少年ミュージカル芸術文化振興協会
●ストーリー
とある星。
科学技術が進行した都市では、観賞用の植物や食用の動物はすべて人工物として作られており、人々は本物の自然を忘れ初めていました。
そんな中、ミルコだけは植物を育てることに興味を持ちます。誰からも共感を得られないミルコでしたが、ある日動物・植物の言葉を理解する魔法の帽子を手に入れ、動植物と触れ合えるようになります。
しかし、そのために周囲から気味悪がられてしまい、都市から遠く離れた村へと引っ越します。その村の近くには、「カギロイの森」と呼ばれる大きな本物の森がありました。自然と共に暮らしている村人たちと一緒になり、ミルコはのびのびと生活を始めます。
ところが、その村に不可思議なことが相次いで起きるようになります。村人たちは「カギロイの森が警告を発しているのでは?」と不安を募らせます。村人たちの役に立ちたいミルコは一人森へと向かう決心をします。本来は、人間には入れないはずの結界を越えたミルコは、森の奥へと進んでいきます。そこでミルコが目にしたのは、多くの動物・植物が集まって、真剣な会議をしているところでした。そこでは「横暴な人間たちをどうするか?」という話題がされていたのでした。穏やかな解決方法を主張する植物たちに対し、動物たちは、人間を厳しく罰するべきだと強く主張していて、会議はなかなかまとまりません。
本来、森に住む動植物をまとめるはずの「カギロイの姫君」の姿が見えず、意見をまとめることが出来ないのでした。実は、動物たちの陰謀により、姫君は幽閉されてしまっていたのです。そんな中、「カギロイの姫君」の名のもとに、村人たちに通告文が届けられます。それは、人間たちに村を捨てよとの厳しい内容でした。ミルコはそれが姫君の本心とは信じられず、真実を確かめるために、村の勇者たちとともに森の奥へ向かいます。 人間たち、植物たち、動物たち、それぞれの想いが交錯する中、今まさに冒険が始まろうとしています。


チケットのお申し込みは
両公演共グランアーツのメルマガ&グランチケットからの連絡をお待ち下さいね♪



今年のひめゆり

ミュージカル『ひめゆり』
オールスタンディングの中
無事に千秋楽を迎える事が出来ました。
全身全霊を捧げる事の出来た舞台。。
まず、観に来て下さったお客様。。
ひめゆりに想いを寄せて下さった全ての方々に心から。。心から。。感謝しています
プレゼント・お手紙も全て受け取りました。
そして公演中には暖かいコメント・応援メッセージ・感想など沢山沢山ツイッターで読ませて頂きました。。
皆様のお言葉があったから最後までやり切ることが出来ました。
本当に本当にありがとうございました。

そして皆様が観に来て下さった事で私達の祈りも多くの方々にきっと届いたと思います



今年で3回目の出演となる『ひめゆり』の公演はお稽古場から私にとっても特別な日々でした
昨年から沖縄でラジオやイベントに参加させて頂き、活動を通して深く深くなる想い。。

狩俣倫太郎さんやスタッフの方々が沖縄から見にきて下さいました。。

大叔母様がひめゆり学徒隊だったという倫太郎さん

開演前にはカンパニーの皆にも
『ひめゆり学徒の遺族の方が沖縄から観にいらっしゃいます』と伝え皆心1つに演じてくれました。

初めて倫太郎さんにお会いした時に
『何故ここまで沖縄に想いを寄せてくれるの?』
という質問にシベリア抑留兵士だった祖父の話しをしました


同じ戦争が引き起こした悲劇。。
ミュージカルに携わってなかったら知らなかった事実。。
祖父から受け継いだ命。。
作品に出会えた奇跡。。
『ひめゆり』という作品に出会って人生観が変わり、私の想いに沢山の方々が力を貸してくださいました。

劇中での婦長さんの歌詞にも出てきます
『傷口に手を当てて苦しみを分け合えば少しだけ心が楽になるわ』


この言葉の重みが漸く分かった気がしました。。
相手の心に誠の愛で寄り添う事。。

上原婦長からは今年も多くの事を学びましたが。。
まだまだ器の小さい私には荷が重すぎる役。。

重圧と緊張に押し潰されそうになっている私にカンパニーの皆が支えてくれました。。
今年の『ひめゆり』で皆に婦長さんにしてもらいました
私を見つめる眼差し、手の温もり、作品に対する集中力、空気感。。
1人1人の祈りが大きなエネルギーとなり今までに感じた事のない舞台空間でした。。


(星組の皆)


(月組の皆)

『心から感動しました。沖縄に帰って多くの方に伝えます』と言って下さった倫太郎さん。。


公演中。。皆の熱量に私も感動し袖で何度も涙してました。。
感謝しかない。。と
今年の『ひめゆり』に出演出来たことは私の大きな財産になりました。。

カンパニーの皆がここまで心1つに演じてくれて。。


『夢を見ましょう』〜『悲劇のメドレー』では学徒達は袖にハケても涙が止まらず。。
皆で支え合い励まし合い抱きしめ合い。。 婦長としては決して涙は見せられない。。
でも木村花代の心は限界まで張り詰めていました。。

なのでスタンディングオベーションを目の当たりにした時は心の糸が切れちゃいました。。


私の想いにキミちゃんとしても
いつも側にいて寄り添ってくれたしょうちゃん。。

祈りを捧げる事。。

多くの方々が見守って下さり
支えて下さいました。

これからもずっとずっと受け継がれていって欲しい作品です

全ての人達が ずっとずっと笑顔でいれる様に。。

七夕の願い

『ひめゆり』の実寸稽古が終わりました


今年の『ひめゆり』
演出・脚本のハマナカさんと作曲者のビリーさんの素晴らしさを改めて実感しております


お稽古が終わると出演者が愛おしくて癒してあげたくて1人1人抱きしめたくなる。。
皆が1つになって身体も心もこの作品に捧げている。。
ひめゆりカンパニーを心から誇りに思います。

『生き残るのが辛い。。』
感情が抑えきれなくて嗚咽してしまう子。。
涙をポロポロと流しながら心の奥底から精一杯伝えようと歌っている子。。
それだけ役を生きて、沖縄戦で亡くなられた方々に敬意を払ってお稽古をしてる。。
それでもこの溢れ出る感情と向き合わなければ。。と

同じ共演者として心打たれます。。

今回10代の子や関西からひめゆりの為だけに上京してきている子も沢山いて。。
戦争を知らない私達だから表現出来ること平和を知っているからこそ感じる事。。

私よりも若い世代が『戦争』『平和』について精一杯真剣に向き合っている。。
多くの方にも目を背けず見て貰いたい。。

サン=テグジュペリの誕生日

星の王子様
一回きりの新潟公演

昨日6月29日は偶然にもサン=テグジュペリのお誕生日でした♪

本当に素晴らしい作品に出会えました♪

まだ東京公演が8月にあるのでネタバレになっちゃうので多くは語れませんが
バラ・ヘビ・キツネの3役他
ストーリーテラーの役等を入れて
全部で7役演じました♪

そうそう!
8月8日の14時公演がプレビュー公演として追加となりました♪
本公演のチケット逃した方!
7月23日発売日だそうです!
是非ゲットしてみてくださいね♪




昨日の本番の様子を少しだけ。。
お客様と一体化してまるでライブ会場の様でした♪
『星巡り』と呼ばれるシーンは芳雄さんが出てくる度に、発する言葉に大爆笑の連続!
流石!若旦那!
私もアドリブで弄られました(笑

3人だけで演じるからなのか
余計なものが削ぎ落とされて素敵な言葉達が劇場を包みます♪
王子役の萌歌ちゃんの透明感のある声が大好き♪
本当に素敵な女優さん
まだ高校生。。素晴らしすぎる

私は王子と飛行士の滑車から汲みあげる水のシーンが大好きです♪
それを芳雄さんに言ったら
『変わってますね。。』と(笑)

皆さんもお気に入りの場面や言葉達を見つけて下さいね♪

生演奏です!
グランアーツの祐一郎様(笑)
ピアノとチェロとバイオリンも本当に素晴らしい♪


演出家の笹部さんからは
『正解を出さないで』
とのお言葉をずっといただいてて
その時感じたまま喋る・演じない・毎回変わっていいから自由に楽しんで欲しいと。。

ステージング・振付の舘形さんは何故か私を『花代先生』と呼びます(笑)


星の王子様。。奥が深くて。。
今後の私の人生のバイブルになりそう♪
東京公演が楽しみです♪

生きる希望〜ひめゆり稽古〜

本日は『ひめゆり』の作曲者でもある
ビリーさんコト山口琇也さんの約9時間にも及ぶ歌稽古でした♪
(もしかしたらまだ皆はお稽古してるかも。。)
やっと
主演のキミ役を演じる
はいだしょうこちゃん
滝軍曹を演じる
小野田龍之介君にも会えました♪


演出家のハマナカさんの演出を受けながら気持ちと行動を繋げていき
昨日で全幕のステージングが終わりましたが。。
ここに全編歌だけの楽曲で綴られる作品ならではの『正確な譜面』が入ってくるわけですよ。。

『ひめゆり』は
感情が先行しすぎて音程が崩れるのもダメ!
音程だけ良くてもそこに気持ちや想いがこもってないと全然成立しないのです。。
何度やってもこれがまた難しいのですよ。。
不思議な事に。。
ちょっとでも気持ちの置き所が違うと譜面通りに歌えなかったり。。(涙)
やりたい表現に辿り着かない。。(苦)
歌稽古だけど気持ちの動線を地道に作っていく作業。。
ですからオリジナル作曲者本人様からの歌稽古はとっても貴重な時間でした。
歌稽古と同時に役を理解しながら深みのある表現を目指し。。
音楽の意図をお聞きしながら、それぞれの役や個性に合わせて音符に書かれている感情や表現をアドバイス頂き自分の持ってる声と一致させていく繊細な作業。。

『Les Misérables』や『Miss Saigon』の音楽監修をされているビリーさんですからエネルギーの出し方が違います。


月組・星組と2班あるのでそれぞれの声の表現を聞きながら心を動かしていく。。
また新たな課題が沢山みつかりました。。



今日お稽古した事を本番までに体に落とし込むまで繰り返し繰り返しの作業です。。
それが役者にとって苦しくも楽しい作業です。。


そして今
東中野ポレポレでドキュメンタリー映画『ひめゆり』を23日の沖縄戦慰霊の日まで毎晩20時半〜上映しております。

監督の柴田昌平さんがこの映画を作った時に仰ったそうです。。

『希望の映画』と。。

今、生かされている事の喜びを改めて感じたいな、と思いました。。

ミュージカル・ひめゆり
2017年7月13日〜18日
シアター1010にて


木村花代は上原婦長役で全日程出演致します
7月13日(木)月組18:30
7月14日(金)星組18:30
7月15日(土)月組12:30/星組18:00
7月16日(日)星組12:30/月組18:00
7月17日(月)月組13:00
7月18日(火)星組13:00


グランチケットは締め切りになりましたので
チケットはミュージカル座H・Pよりお申し込み下さいね♪

<< | 2/37PAGES | >>